新着情報

神戸大学経営リサーチメソッド・セミナー/経営行動科学学会研究会(理論・方法部会)のお知らせ

2015年10月15日
神戸大学と経営行動科学学会の理論・方法部会との共同開催で
構造方程式モデルに関するセミナーを11/23に開催することとなりました。
JAASの担当は、理論・方法部会の北海道大学松尾睦先生です。
以下の詳細をご覧いただき、ご興味のある方は是非奮ってご参加いただければ幸いです。

テーマ :構造方程式モデル(SEM)の将来性を探る
Theme: In search of the prospects of structural equation modeling (SEM)
主催: 神戸大学大学院経営学研究科・経営行動科学学会

ビッグデータやネットワーク情報など、データ・テクノロジーが限りなく進歩した現代社会。
学問として経営現象を見 た場合、個人情報保護の名目で、調査やデータ収集が実施しにくくなり、聞き取りやケース分析を通した質的ア プローチの数が徐々に増えている。一方、最先端の経営学的研究方法論として、マルチレベル分析と並んで、 構造方程式モデル(SEM)/共分散構造分析(CSA)が注目されている。

▼構造方程式モデル(SEM)とは、構成概 念や観測変数の間の関係性を調べるために、多くの観測変数を同時に分析する統計的方法である。観測変 数や潜在変数の間の関連性を、理論や仮説に基づいて、パス図の形式で構造化・モデル化し、データからパ ス係数を推定することによって、変数間の因果関係を統計的に検討するものである。
▼現在、構造方程式モデ ル(SEM)には、大きく 2 つの系統がある。共分散に基づく解析モデル(たとえば共分散構造分析:CSA)と、分散に 基づく解析モデル(たとえば偏最小二乗パスモデル:PLS)である。似た目的で使われる分析でありながら、共分 散モデルと分散モデルとでは、それぞれに特長がある。
▼本セミナーでは、神戸大学鈴木竜太教授から、構造 方程式モデル(SEM)が果たしている経営学に対する方法論的意義を概説していただく。引き続いて、構造方程式 モデルの先駆者クリスチャン・リングル教授(ハンブルグ工科大学)の薫陶を受けた

カイ・オリヴァー・ティーレ氏をお 迎えし、偏最小二乗構造方程式モデル(PLS-SEM)の分析の仕方を、Smart PLSという汎用性の高い解析ソフト を使いながら解説いただく。高度な分析テクニックに気後れして、構造方程式モデル(SEM)になかなか踏み込め なかった方にも、わかりやすく理解していただけることをめざしていく。

 

【会 期】
2015 年 11 月 23 日(祝) 14:00 から 17:00 (開場 13:30) 
【会場】
神戸大学梅田インテリジェント・ラボラトリ(梅田ゲートタワー8 階) 
アクセス:http://www.b.kobe-u.ac.jp/ilabo/access.html
【話題提供】
 鈴木竜太(神戸大学大学院経営学研究科 教授)
Kai Oliver Thiele(ハンブルグ工科大学/神戸大学経済経営研究所)
【企画・司会】
  高橋 潔(神戸大学大学院経営学研究科 教授)
【定員】
50名(参加費無料) 本セミナーは、日本語と英語による多言語形式で行われます。 
会場準備の都合上、神戸大学高橋宛て(ktakahashs☆kobe-u.ac.jp)[☆を@に変換]メールにて事前登録してください。

パンフレットはこちら

<<前のページに戻る